「川の流れる町で」

3500円+税

270×227mm

96ページ

解説 池谷修一

英訳 John Sypal

フルカラー

並製本

初版第一刷 300

2016111日発売

                   発行:ふげん社

 

 

               ご希望の方は上の緑色の帯から、お名前、お届け先をご連絡ください。

               署名入り・3500円+税+ゆうメール郵送料=4000円

               郵便振替用紙 (手数料無料)を同封させていただきます。なるべく早くお送りさせていただきますが、

               仕事の関係で遅れる場合もございます。ご了承ください。

               東京都内では築地の「ふげん社」、蒼穹舎、Roone、写真美術館でも購入できます。3500円+税 

               


「 LION 1926」

ささやかな新作として、2018年1月に渋谷 ヒカリエで行われた「渋谷-東京好奇心」という東京画のプロジェクトにスライドショーで参加した作品。パリ、ベルリンと巡回する展示に、これを出品するか、あるいは渋谷の撮り下ろし作品でいくか検討中。小冊子制作予定。

 

「町のひかり」(仮題)

2019年春先の発表を予定。連載中の「昭和風町歩きのススメ」も加えた書籍としても計画しています。

 

「地形論・東京」

2020年の写真集を想定し2018年末に新シリーズvol.1を発表したいと考えています。

 

「映像個展」(仮題)

ここ数年、プロジェクトメンバーとして加わっている「銀座奥野ビル306号室プロジェクト」に再び活発に参加予定。懸案だった映像個展を開催したいと画策を始めます。

 

                                                                                   「3人展」(仮題)

                                                                                    密かに、ハービー・山口さん、中藤穀彦さんと3人展を計画しています。